脂肪肝を治療・改善する方法 禁酒でアルコール断ちはしたくないについて

脂肪肝を治療・改善する方法の紹介です。

お酒をやめずに脂肪肝を改善するには

脂肪肝を治したいけれど、禁酒がなかなかできないという方もいると思います。 数ヶ月禁酒するのが理想ですが、どうしてもお酒をやめられない方のために、 以下の方法を紹介します。

デメカル
脂肪肝の方は常に肝機能の数値をチェックしましょう。自宅でできる血液検査が便利です。

肝臓サプリメントはしじみ習慣

昔からお酒を飲んだ後にはしじみ汁を飲むと良いと言われてきました。これはしじみに含まれる成分が肝臓の働きを良くするのではないかと考えられていたためです。実際にお酒を飲んだ次の日の朝などにしじみ汁を飲むと、飲まない時に比べて二日酔いなどの辛さが違ってくるといいます。つまり体験談としては結構昔から言われてきていたことでした。

ところが、実際にこのしじみに含まれる成分の何がどう良いのかということが最近まで科学的にはっきりとわかってはいなかったのです。そして、そんな分からなかったしじみの良さを研究の結果明らかにしたのが自然食研です。自然食研はその研究を基にしじみ習慣という食品を作り出しました。これによってしじみの体に良い成分を手軽に摂取できるようになったのです。

自然食研のしじみ習慣は原材料であるしじみの選別にもとても気を使っています。しじみと言えば黒い貝というイメージがあるかもしれませんが、自然食研のしじみ習慣の原材料となっているのは黄金しじみと呼ばれる黄金色をした貝になっています。川底の砂地が綺麗な場所でないとこのような黄金色にはならないと言われており、その品質の高さが伺えると思います。

このように厳選したしじみを煮出し、そのエキスを粉末状にしてカプセルに詰めたのが自然食研のしじみ習慣です。ですから、普通のサプリメントのように科学的な抽出方法に頼ったものではないので自然なまましじみの栄養を摂取することができるようになっています。ここが他のサプリメントと自然食研のしじみ習慣が違う大きな点でしょう。

実際、このしじみ習慣を飲み続けていくと、毎朝、頭がすっきりしていく感じです。わたしもγGTPやGOT,GRTなどの数値が高めだったのですが、安定してきています。お酒をまったく飲まないというのは難しいですから、せめてしじみサプリなどで肝臓にやさしくしてあげています。

γ-GTPの数値を改善

γ-GTP(ガンマグルタミルトランスぺプチダーゼ)という酵素の数値が上昇する原因に、多量の飲酒により肝臓の状態が悪くなることが挙げられます。こうした場合、改善するには当然のことながら飲酒量を減らすことが重要になってきます。

健康診断で測定した場合、γ-GTPの正常値は男性なら大体50IU以下、女性なら32IU以下と言われています。仮にこの数値が100以下であれば、改善のために禁酒、もしくはお酒の量を減らせば簡単に数値を正常値まで戻すことができます。比較的アルコールに対して短期的に反応するため、一週間ほどお酒を控えれば数値も下がりだします。

健康診断の際に、最も注意すべきは脂肪肝です。とりわけ、お酒をよく飲む中年の男性にとっては多量の飲酒によるアルコール性脂肪肝は問題になります。こうした問題を見つける際に一番の指標となるのがγ-GTPです。アルコール性脂肪肝を診断する基準上限値は68と言われていますが、もしこの値が100を超える場合は脂肪肝が進んでいる場合があります。

この場合のγ-GTPの数値の改善方法としては、やはり飲酒量を減らすことです。さらに数値が200や300以上になると、アルコールが原因となる肝臓障害だけでなく、胆石などのせいで胆道が詰まっている可能性も出てきます。そのため、数値が200以上であれば医師の診断を受けた方がいいでしょう。簡単な目安としては、100以上の場合は禁酒を、200以上であれば医師の判断を仰ぎ精密検査などを受けた方がいいかもしれません。

 

肝臓の病気とGPT

GOTとGPTという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。特に昨今は健康に対する関心が高まっているので、さまざまところでこの言葉を目にします。

GOT、GPTは共に肝臓内に存在する酵素です。肝細胞に問題が生じるとこうした酵素が血液中に流れ出るため、肝臓検査の指針として用いられています。この数値が異常に上昇することは、肝臓になにかしらの問題があることを意味します。

代表的な病気の一つに、脂肪肝があります。脂肪肝は、肝臓に脂肪が蓄積された状態のことで、倦怠感や肌の黒ずみが生じます。原因はアルコールや動物性脂肪の摂り過ぎであると考えられています。肝硬変も同じく代表的な病気の一つで、アルコールの摂りすぎが原因で肝細胞が硬くなった状態になります。症状は、倦怠感、食欲不振、吐き気などが挙げられます。

そして、肝臓の病気として最も耳にするのが肝炎ではないでしょうか。肝臓の病気としては発症する人が最も多く、A、B、C型があります。また、慢性肝炎と急性肝炎にも分けられます。原因の多くはウイルス感染ですが、中にはアルコールの摂り過ぎが原因となるアルコール性肝炎も存在します。比較的症状が軽いために気付かず、急性肝炎から慢性肝炎に進行して肝臓がんや肝硬変を発症する可能性もあります。こうした重大な状態になる前に肝臓検査を定期的に受診し、GOTやGPT値に目を光らせて問題を早期発見することが大切です。

肝機能の指標となるGOT

GOTは肝臓の中のアミノ酸トランスフェラーゼという逸脱酵素で、同様の働きを持つ酵素であるGPTと共に肝機能の状態を示す重要な指標となります。肝臓が適切に機能していれば余分に血液中に流れることはありませんが、肝臓の機能が低下してタンパク質やアミノ酸の代謝が適切に行われないと、通常よりも多くのGOTが血液中に流れ出てしまうことになります。血液中のGOTの正常値は40以下ですが、この値を超えると、肝臓になんらかの機能障害が起こっている可能性があるのではと考えられます。

GOTやGPTが大幅に上昇するのは、急性肝炎や劇症肝炎の場合です。慢性肝炎、肝硬変の場合も高い値を示しますが、比較的変動なく安定しています。肝臓の治療中には、肝機能の経過を見る一貫として、γ-GTPと共にGOTやGPTの動向も追っていきます。

脂肪肝の場合も、GOTはGPTと共に上昇します。例外はありますが、脂肪肝の場合は、大抵GOTよりもGPTの方が高くなります。そして、脂肪肝が進むにつれて正常に機能する肝細胞の数も減っていくため、当然値も高くなっていきます。ただ、脂肪肝の場合は急激に悪化するということはほとんどなく、余分な脂肪の蓄積に伴って肝機能の状態も悪化していくため、上昇の具合はGPTと共に割と緩やかです。脂肪肝から肝硬変にまで進行した場合はさらに値が上昇し、この時には既に肝臓が相当硬くなってしまっていると考えられます。

γ-GTPの特徴

γ(ガンマ)-GTPは、飲酒と深い関わりがあります。アルコールをたくさん飲んだ時には、γ-GTPが大幅に上昇します。ですから、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変では正常よりかなり数値が高くなっています。しかし数値の変動が激しく、アルコールの代謝が落ち着くと再び下降していきます。そのため、γ-GTPが一番上昇するのは、飲酒後、あるいはアルコール性肝炎の時ということになります。

γ-GTPは肝臓からの逸脱酵素で、肝機能の状態を示すものの一つと考えられており、肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌などの治療において、毎回採血して測定します。逸脱酵素には胆管や肝臓の組織細胞が壊れてしまった時に血液中に流出する特性があるため、血液中の数値を測ることで肝臓の状態を知ることができるのです。

ただ、先ほど述べたように数値の変動が激しいため、長期的な経過を見るよりも、短期的な動向を追うのに適しています。特にアルコールの代謝を直に反映するため、断酒、あるいは飲酒制限をしている人がそれをきちんと守っているかどうかの明確な指標となります。アルコール性肝炎の人がアルコール性脂肪肝、アルコール性肝硬変にならないようにフォローしていくためには、γ-GTPの数値がとても重要なものとなるのです。

γ-GTPが急激に上昇した場合には、肝機能の悪化のみならず、身体もダメージを受けている場合が多いとされています。男性が50以下、女性では32以下が正常値とされており、100以上の数値を示す場合は専門医の指示により適切な措置をとることが重要となります。

脂肪肝を治療・改善する方法 禁酒でアルコール断ちはしたくないカテゴリー項目一覧

脂肪肝

脂肪肝の改善方法

脂肪肝サプリメント

肝機能の数値

血液検査
肝機能の数値をチェックできる郵送血液検査

カテゴリー
更新履歴
肝臓サプリメントはしじみ習慣
γ-GTPの数値を改善
肝臓の病気とGPT
肝機能の指標となるGOT
γ-GTPの特徴
問い合わせ
問い合わせ