トップ > 脂肪肝の改善方法 > 脂肪肝改善に市販薬を利用する際の注意点

お酒をやめずに脂肪肝を改善するには

脂肪肝を治したいけれど、禁酒がなかなかできないという方もいると思います。 数ヶ月禁酒するのが理想ですが、どうしてもお酒をやめられない方のために、 以下の方法を紹介します。

デメカル
脂肪肝の方は常に肝機能の数値をチェックしましょう。自宅でできる血液検査が便利です。

脂肪肝改善に市販薬を利用する際の注意点

最近は、薬局に行くと、脂肪肝を改善させるための市販薬をいくつか見かけるようになりました。成分としては、肝細胞を活性化させたり、肝臓に蓄積した脂肪を溶解させる作用があります。しかし、いずれにしても市販薬の効果はあまり高くなく、気休めにしかならない場合もあります。もしも薬局などで買った薬を使用するのであれば、それだけで治るという楽観的な考えは持たない方が良いでしょう。定期的な運動、食事療法、飲酒、喫煙を控えるなど自分で生活をコントロールしつつ、併用の意味で脂肪肝改善のために市販薬を服用するという捉え方をすることが大切です。

また、一回の服用量と一日の量をきちんと守ることも重要です。人によっては、副作用として、頭痛、ふらつき、身体のだるさ、眠気などが生じることがあるため、自分でおかしいと感じたら、すぐに服用を中止するようにしましょう。そして、脂肪肝の治療を行っているかかりつけ医に無断で服用することはせず、必ず事前に許可を得てから服用することは絶対に必要です。

よく見られるのは、脂肪肝改善のための市販薬を自分で買って飲んでいるから安心と病院に通わなくなったり、多少の不摂生は大丈夫と思ってしまうことです。市販薬は脂肪を蓄積させてしまった肝臓には微量な作用しかしないため、そこに食事摂取過剰やカロリー消費不足が加わると、余計に症状を悪化させてしまうことになります。薬さえ飲んでいれば安全と考えず、専門医の適切な指示の下に治療に取組むことは、脂肪肝に限らず、一般的な病気に対してもいえることです。

脂肪肝の改善方法
脂肪肝の改善方法の紹介です。

前の記事 | 次の記事

関連記事