トップ > 脂肪肝サプリメント > 脂肪肝を改善するウコンの効能

お酒をやめずに脂肪肝を改善するには

脂肪肝を治したいけれど、禁酒がなかなかできないという方もいると思います。 数ヶ月禁酒するのが理想ですが、どうしてもお酒をやめられない方のために、 以下の方法を紹介します。

デメカル
脂肪肝の方は常に肝機能の数値をチェックしましょう。自宅でできる血液検査が便利です。

脂肪肝を改善するウコンの効能

脂肪肝を改善させるために、現在肝機能改善に良いとされているウコンの効能が注目されています。具体的には、ウコンに含まれるクルクミンという抗酸化作用が、肝細胞と呼ばれている肝臓を構成する一つ一つの細胞に作用し、活性化させるのです。しかしながら、ウコンは脂肪肝と診断されてから改善のために飲み始めるよりも、脂肪肝になる前に予防として飲んでおく方が効果が高いようです。脂肪肝になってからウコンを飲み始めて肝臓に付着した脂肪を取るのは、実は至難の業なのです。

肝臓の細胞の一つ一つに脂肪が付着する前にウコンを肝臓の細胞に作用させて活性化させ、肝臓に運ばれてくる脂肪を高回転に代謝させることで、余分な脂肪を肝臓の細胞内に溜め込んだままでいることを防ぐことができます。また、ウコンには胆汁の分泌を促進させる効果もあります。胆汁は、脂肪を分解してくれるので、肝臓の細胞内に溜まったり付着した余分な脂肪を洗い流してくれることになります。胆汁は胆嚢から分泌されるものですが、ウコンは肝臓の個々の細胞のみならず、胆嚢にも働きかけるようです。

さらにウコンは、悪玉コレステロールの増加を抑える働きもあり、全体的にコレステロール値を安定させる作用もあります。血液検査でコレステロール、中性脂肪が標準よりも高いことが判明したら、すぐに毎日ウコンを飲み続ける習慣を確立させることが、脂肪肝の予防となります。

脂肪肝サプリメント
脂肪肝に効くサプリメントの紹介です。

前の記事 | 次の記事

関連記事